ネット収入が稼げるお小遣いサイトについて、管理人が日々徒然と記しています。
管理人運営サイト
内職魂!0円から始めるぷちチョキンライフ
プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • お小遣い稼ぎを中心にのんびり綴っています。
検索フォーム
ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

楽天株式会社が運営する「イーバンク銀行」。

同行間振込手数料の改定および優遇プログラムの開始。


イーバンク銀行の同行間振込手数料が変更されるそうです。

以下はサイトのお知らせより抜粋した文章になります。

同行間振込手数料の改定および優遇プログラムの開始について

平素はイーバンク銀行をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

2010年2月1日(月)より、同行間振込手数料(※1)を以下のとおり改定させていただきます。

また同日より、お客さまのお預かり資産残高(※2)に加え、振込・toto・公営競技をはじめとした各種サービスのご利用状況に応じて、様々な優遇が受けられる「イーバンク銀行ハッピープログラム(※3)」を開始いたします。


このプログラムではお客さまの会員ステージ(※4)に応じて、同行間振込やATMを所定回数無料でご利用いただけます。

また、イーバンク銀行のサービスのご利用ごとに「楽天スーパーポイント」が貯まります。

「楽天スーパーポイント」は、楽天市場でのお買い物にはもちろんのこと、イーバンク銀行での振込やATM手数料のお支払いにも順次ご利用いただけるようになります。

お客さまにおかれましては、より一層の当行へのご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


※1 同行間振込とは、「他のイーバンク口座への振込」および「かんたん振込み(メルマネ)による送金」をいいます。

※2 お預かり資産残高は、前月25日終了時点の円預金(普通・定期含む)および新型定期預金の残高と、外貨預金(普通・定期含む)および投資信託の合計残高で判定します。

※3 イーバンク銀行ハッピープログラムのご利用には「楽天会員リンク登録」が必要です。

※4 会員ステージは、お客さまのお預かり資産残高や振込、toto、公営競技等のご利用状況によって決まります。


同行間振込手数料の改定

改定前(2010年1月31日まで)

他のイーバンク口座への振込 0円

かんたん振込(メルマネ) 送金手数料 0円


改定後(2010年2月1日より)

他のイーバンク口座への振込 1件 50円(※5)

かんたん振込(メルマネ) 送金手数料 1件 50円(※5)

※5 「イーバンク銀行ハッピープログラム」への登録により、お取引内容に応じて上記ご利用手数料が最大10回/月無料になります。


【イーバンク銀行ハッピープログラム】のメリット

「イーバンク銀行ハッピープログラム」では、お客さまの会員ステージに応じて同行間振込やATMを所定回数無料でご利用いただけます。

また楽天市場でのショッピングやイーバンク銀行の各種サービスにもご利用いただける「楽天スーパーポイント」が貯まります。

【イーバンク銀行ハッピープログラムのうれしい特典】

■特典1 同行間振込手数料が最大10回/月無料

■特典2 ATMでの入出金手数料が最大7回/月無料

■特典3 振込等のサービスご利用ごとに会員ステージに応じた「楽天スーパーポイント」を獲得

■特典4 「楽天スーパーポイント」を振込手数料やATM手数料にご利用可能


まさかの同行間振込の有料化ですね。

最近イーバンク銀行は改悪が続いていましたが、極めつけの改悪と言えるかも…。

イーバンク銀行同士の振込手数料が無料なのは、イーバンク銀行の最大の特徴の一つで、ネットショッピングやネットオークションなどの支払い等で重宝している方も多数います。

ポイントサイトやリードメールサイトへの影響はかなり大きいです。

同行間振込無料だったイーバンク銀行が換金先になっているサイトが大多数。

同行間振込の有料化実施後は、換金したポイントから手数料分が取られるようになる可能性が高いです。

リードメールの場合は換金ラインが低いサイトが多いので、その中から手数料まで取られるとなると厳しいですね。

リードメールサイトの白くつしたのナッツが今後の対応について触れていましたが、他の銀行への対応も検討中のようです。

他のサイトも同様に動く可能性がありますね。

今後の状況を見て新たな口座開設も検討しておいたほうが良いかもしれません。

スポンサーサイト
2009/09/10 22:08 日記2009 TB(-) CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。